生きていることが嫌になるくらい辛い失恋も、いつかはただの過去になる

参考

死にたくなるくらい好きだったあの人も、今ではただの過去の人サトセヒカル|note(ノート)